結婚式の出席するための費用はバカにできない

20代半ばになると女性は友人が結婚するから結婚式に招待されることが多くありませんか?
私は一番多いときは月に3回ほど結婚式に招待された時もありました。

大切な友達の結婚式…もちろん、とても喜ばしいことですし祝福する気持ちでいっぱいです。
旦那さんはどんな人なのだろう?和装やドレスはどうなのかな?結婚式場はどこなんだろう?
出席する自分自身も不思議とワクワクしますよね。

でも、結婚式に1回出席するだけでお金ってすごーーーーーーくかかるんですよね…。
ドレス、靴、バッグ、アクセサリー、ネイル、美容院、交通費、遠方だと宿泊費。

そして、絶対に忘れてはいけないご祝儀。
更に、2次会・3次会の費用。10万近くかかってしまうこともざらではありません。

10万あれば、海外旅行もできちゃいますよ!?
20代半ばなんて、給料もそんなにもらえるわけではないので、いきなり「3か月後結婚式するから来て!」と言われた時は正直焦りました。

いきなり言われても困る。。。祝儀を渡したら、家賃が払えない…(;´・ω・)

結婚式で毎回そんなに高額な出費ができないので、私はいくつかは対策をとりました。
まず、ご祝儀代。もちろん、友人に渡すのは相場と同じ金額ですよ。

私の場合、ご祝儀代で一気に3万出費となるのが嫌だったので、毎月給料日にお金をおろすタイミングで新札を発見した時に、新札を別封筒に移してご祝儀貯金をしました。

おかげで、ご祝儀代を貯金から切り崩してお金のやりくりに苦労するということがなくなりました。
新札を準備するのって、平日銀行に行けないと意外と大変だったりしますし、急な結婚式にも対応ができるので、オススメです。

あとは美容院代。
私の場合母親が美容師なので、できる限り母親にヘアアレンジはお願いしてやってもらいました。

母親が無理な時は妹にお願いしたこともありました。
挙式から二次会まで、一日がかりになってしまうときは美容院に行ったほうがしっかりやってもらえるので安全ですが、

披露宴まで出席だとか、二次会から出席という場合はヘアアレンジが得意な友人にお願いするというのも一つの手段だと思います。

もちろん、ヘアアレンジが得意という人は自分でやれば一番お金がかかりませんよね。

最後に、ドレスや靴・バッグなどのファッション用品ですが、普通に買うと高額になってしまうので、極力アウトレットで揃えました。

アウトレットだと、正規店で1枚買う値段で2枚もドレスが買えるんです。

バッグはパーティーバッグだとほとんどモノが入らない上に、使い回しもできないので、小さ目のフォーマルでも使えるデザインのバッグを購入しました。

結婚式以外にも、ホテルレストランとかキレイめな恰好で外出するときにも使えます。

靴は普通に買いましたが、色やデザインを流行り廃りがなく、使い回しがしやすいものにして、結婚式のときのみ使うようにしました。

磨けば新品と同じなので、ほとんど新調せずに済みます。

こうやって地道な努力のかいがあって、結婚式の出席にお金で苦しむことは少なくなりました。
ケチケチ切り詰めるようにしていると、せっかくの結婚式も心から喜ぶことができません。

楽しく、前向きにお金と向き合うことが大切だと思います。

消費者金融のカードローン

「むじんくん」で有名なアコム、それからモビットなどといった、テレビやラジオのCM、ネットのバナー広告などでいつも目に入っている、有名どころでもやはり便利な即日キャッシングの対応が可能で、次の日を待たずにあなたの口座への振り込みが不可能ではないのです。

特に消費者金融系と言われる会社は、迅速な対応で即日融資をしてくれる会社についてもけっこうあります。しかしながら、このような消費者金融系でも、その会社の審査については全員必要項目です。

必要に応じて金融機関運営のウェブサイトの情報を、上手に使えば、頼もしい即日融資をしてくれる消費者金融業者はどこかを、すぐに検索してみて、見つけることだって、可能なのです。

現実的に安定している収入の人は、即日融資についても問題ないことが多いのですが、自営業をしている場合やパートの方などのケースだと、融資の審査に長い時間がかかって、便利な即日融資が受けられないことも少なくありません。

いわゆる有名どころのキャッシング会社っていうのはそのほとんどが、メガバンクとか関連会社、および関連グループのもとで経営管理されており、インターネットを活用したWeb契約などの申込でも対応可能で、膨大な数のATMを利用した返済もできますから、かなり優れものです。

お手軽ということでカードローンを、何度も何度も利用してしまうと、借金を申し込んでいるにもかかわらずいつもの自分の口座を使っているような認識に陥ってしまうケースも少なくありません。こうなってしまうと手遅れで、それこそあっという間にカードローン会社が設定した上限額になってしまうまで借金が膨らんでしまいます。

融資の金利がかなり高い業者もありますので、ここについては、きちんとキャッシング会社によって違うポイントなどを先に調べて納得してから、今回の用途に合っている会社にお願いして即日融資できるキャッシングを使うというのがいいと思います。

なんと今では、かなりの数のキャッシング会社において顧客獲得の切り札として、30日間限定で無利息というサービスを提示しています。このサービスなら融資からの借入期間次第で、わずかとはいえ金利が完全0円でOKということになります!

どの金融系に該当している会社が提供している、どんなカードローンなのか、という部分も気を付けるべきだと思います。きちんと使い勝手を比較検討して、最も自分に適しているカードローンがどれか失敗しないように確実に探してください。

あなたに融資して確実に借りたお金を返せるかどうかに注目して審査が行われているのです。約束通り返済すると認められるという結果を出せたケース、はじめてキャッシング会社っていうのは貸し付けしてくれるのです。

多くある中からどのキャッシング会社に、必要な資金の融資のお願いをするって決めても、決めたところで即日キャッシングで対応していただくことが可能な、のは一体何時までかについても重要なので、しっかりと問題がないか確認してから新規キャッシングの申し込みをする必要があるのです。

スピーディーで人気の即日キャッシングが可能な便利なキャッシング会社というのは、みなさんがこれくらい?と考えているよりも多く存在しています。ちなみにどこも、当日の入金が間に合う時刻までに、やっておくべき契約の事務作業などが完結していることが、不可欠です。

インターネットを利用できさえすれば、街の消費者金融でとてもありがたい即日融資で融資してもらえる、可能性がいくらかあります。と言いますのは、事前に審査があるので、それに通ることができれば、即日融資ができるということです。

ちなみに、千円単位でお金を借りることが可能なので、総額融資希望の方にもおすすめです。

キャッシングを受けるための審査というのは、キャッシング会社が情報収取のために利用している信用情報機関に蓄積されているデータで、本人の情報を調べるわけです。キャッシングを利用して融資してもらうには、とにかく審査に通らなくてはいけません。

深く考えもせずに新たなキャッシング審査を申込んだ場合には、本来ならOKが出ると考えられる、珍しくないキャッシング審査だとしても、通過できないことになる状況も少なくないので、注意をなさってください。

おまとめローンとは

おまとめローン、それは多重債務者向けにある借り換えローンのことです。複数の債務を一本化させることで、金利や毎月の返済負担を抑えていくというローン商品のひとつです。

カードローンは、2010年に改正貸金業法が施行されて、新たに総量規制という規制ができたんです。

総量規制により、消費者金融から借入できる総額というのが、年収の三分の一までと決められてしまっているため、複数社から債務があって、返済のために新規借り入れをしようと思っても総量規制のために、審査に通らず、借入できないという人が増えたんです。

そういった方たちの救済措置としてできたのがおまとめローンなんです。おまとめローンは、商品の特性上、顧客に一方的に有利な借り換えと定められて、総量規制対象外の貸し付けとなっています。

そのために、すでに総量規制の上限まで借り入れがある人でも、消費者金融等の貸金業者からでも新たに借入することができ、他社の債務の返済に充てることができるようになりました。

これがおまとめローンの詳細です。

一見すると、お得な感じがしますが、おまとめローンはうまく利用しなければ逆に損をしてしまうケースが多いと聞きます。

失敗例のひとつとして、金利が高くなってしまうということがあります。

ショッピングローンや自動車ローンなどのローンを借り換えしたことにより、金利が逆に高くなってしまうというケース。

おまとめローンを利用する場合は、消費者金融か銀行カードローンを利用するのかにより、消費者金融で金利が大体15%~18%、銀行のカードローンだと14%~15%程度が相場となっています。

消費者金融は利息制限法で100万円以上の借入の場合、上限金利は15%まで下げないといけなくなったのですが、100万円未満のおまとめに関しては、18%が適用されていて、かなり高金利での一本化となってしまいます。

また、おまとめローンにしたことにより、金利が低くなったとしても、返済総額が多くなるケースもあります。

銀行カードローンで借入している債務を一本化する場合は、より金利の低い銀行カードローンでおまとめローンを利用すれば一本化することで金利を低くすることができるのです。

ですが、金利が少しでも低くなるからといって、一本化してしまうと返済総額が増えて損をするケースがあります。

ちなみに主婦をしている私は、こういったところで借りてローンを組みました・・・参照:http://xn--nbkcc30b4a5cy606awfdsq4a.com/

 

お金がないと感じるとき

お金が無い!っていう感情はずっと前から常にあります。「ああ、お金ないな、今月も赤字だな」と感じながらずっと生きてきた感があります。

私の場合、なんでお金がないのか、なぜ赤字になるのかあまり心当たりがないことに、問題があるのだと思います。

ドラッグストアやコンビニでつい衝動買いをしてしまう。つかれているとマッサージにすぐ行ってしまう、などがたぶんお金がなくなる理由なのだと思います。

節約しなくてはという気持ちがあるので、お弁当をかうとき安いものにしたり、安い飲み物をかったり、レストランで値段を気にして注文したりしているのですが、無駄遣いがそれを上回ってしまうのだと思います。

最近、引っ越しをしたのですが、上記の理由に加え、駅前のスーパーが高いというのも赤字になってしまう理由のひとつです。
特別高級感があるスーパーではないのですが、これまで使っていたスーパーにくらべて、三割から五割は高いのです。

これまでの感覚で買っていると、毎回「お会計が間違っているのでは?」と思ってしまうくらいでした。

お金がなくて困るとき、最初にするのは本やCD類を売りにいくことです。本好きなので、ついつい本を買ってしまうのですが、家の片づけを兼ねて整理し、売りにいきます。

たいした収入にはなりませんが、現金を手っ取り早く得る手段として、よく使っています。
あとは、自転車を使って、もしくは徒歩で移動することです。電車賃やバス代を節約し、運動を兼ねて行っています。

あとは家でずっと過ごす。これに限ります。